*

医療法人添田歯科医院

  • 〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台1-11-24
  • 0463-96-0808
  • 0463-94-9848
  • info@soeda.or.jp
  • http://www.soeda.or.jp

医療法人添田歯科医院

大切にしていること

医療法人添田歯科医院が大切にしていること

医療法人添田歯科医院は、モデルとされるリーディングクリニックだからこそ「医療の基本」を怠りません。

歯科医師の感染症検査をしています。

院内感染をするのも、させるのも、その可能性が最も高いのは歯科医師です。

医療法人添田歯科医院は、

毎月、歯科医師の感染症検査を行っています。

治療中の患者様の急変に対処します。

歯科医院でアナフィラキシーショック(重篤なアレルギー)が起きた場合、判例記録によるとその100%が死に至っています。

これは歯科医院の準備不足に起因しています。

医療法人添田歯科医院は、

アルゴリズムに基づくシミュレーショントレーニングを行い、

歯科医師はACLS資格、その他の職員はBLS資格を保持し、

麻酔時は生体情報モニタリングを行い、

万全の救命救急態勢で、患者様の急変に対処することができます。

院内感染を起こしません。

院内感染の原因は、職員による感染源の伝搬です。

医療法人添田歯科医院は、

全ての機器を滅菌・交換、それが不可能な機器は使い捨てとし、

感染源を伝搬しない無菌操作を行い、院内感染を起こしません。

強靭な医療施設で診療をします。

医療施設では、患者様は一時的に日常生活が営めない状態(身体の一部が切り開かれた状態等)となります。

医療法人添田歯科医院は、

災害に対し強靭な施設を建築し、

施設内の無菌状態を保つことで、有事も安全に治療を完結します。

先進歯科医療

合理的であるために進化する先進歯科医療機関

病気でいる時間やそれを治している時間は患者様の人生において不利益でしかありません。医療法人添田歯科医院は、高精度の総合歯科医療によって、最短期間で治療を完結し、患者様が病と関わる時間を短縮するシステムを持った先進歯科医療機関です。

科学的根拠に基づく治療を行う。

科学的根拠のない治療は、再現性がなく、治療期間を延長し、更には再治療を招き、患者様の時間を蝕みます。
医療法人添田歯科医院は、正確な診断と合理的な治療計画に基づく高精度の歯科医療技術で、最短期間で治療を完結します。

歯科に関わる全ての診療を行う。

患者様が、例えば、歯並び、虫歯、親不知の治療をそれぞれ別の医院で受けた場合、治療全体の精度は低下し、治療期間は延長し、医療責任の所在は曖昧となります。
医療法人添田歯科医院は、歯科に関わる全ての診療を行うことで、医療責任の所在を明確にし、最短期間で高精度の治療を完結します。

関係性の本質を忘れない。

患者様と医療機関とは病気を介して関係しています。
医療法人添田歯科医院は、患者様との関係性の本質は医療機関が医療責任を果たすことにあることを忘れず、最短期間で高精度の治療を完結することで、患者様との関係性を築いて参ります。

医療情報を共有する。

個人性の高い医療情報を医療機関が管理することは非合理的です。
医療法人添田歯科医院は、診断・治療計画書、治療説明書、見積書、質問回答書、診療記録を、独自開発したコンピュータシステムによって患者様と共有し(患者様は、当施設における医療情報記録を常に閲覧することができます)、インフォームドコンセントの上に成り立つ治療を行います。

リーディングクリニックの義務

モデルとされるクリニックの義務

モデルとされるクリニックには更に先へ進む義務があります。

医療法人添田歯科医院は、医療の本質の細部まで、徹底して追求しています。

受付ブースがない。

受付ブース内に健康な人が座り、その前に病気の方が立って並ぶのは非合理的です。
医療法人添田歯科医院では、ご予約・お会計は、職員が患者様のもとへ出向き行います。

患者様の目を守る。

患者様の目を防護せず顔上で鋭利な器具を扱うことは危険です。
医療法人添田歯科医院では、治療中の患者様にゴーグルの着用をお願いしています。

リアルユニバーサルデザイン

施設内全域を車椅子の自走を可能とし、細部に至るまでユニバーサルデザインを徹底しています。

X線室を地下1階に建築している。

放射線防護の基本は「距離による減弱」です。
医療法人添田歯科医院は、X線室を地下1階に建築し、患者様のみならず施設周囲への放射線被爆も防いでいます。

X線被爆量を極限まで減じる。

必要なX線写真撮影であっても、X線を被爆させていることを忘れてはなりません。
医療法人添田歯科医院は、好感度X線ディテクターを特別製作し、X線照射量を1/10まで減じ、X線写真撮影時のX線被爆量を減じています。

最良の材料を使用する。

患者様の体内に永年残る材料を経済性で選択してはなりません。
医療法人添田歯科医院は、豊富な統計データに立証された最良の材料を使用しています(安価なコピー製品は使用しません)。

高精度CTを設備する。

マイクロメートルオーダーの誤差が医療事故を招きます。
医療法人添田歯科医院は、CT値測定可能な高精度CTを設備しています。

単独型臨床研修施設に指定される。

医療法人添田歯科医院は、歯科医師国家試験合格者を最終育成することができる医療施設として、厚生労働省から単独型臨床研修施設に指定されています。この指定は、全国7万の歯科医療施設の中でわずか20施設にしかされていません。

施設紹介 The movie

施設紹介動画ギャラリー

ご予約に関するお願い

スタッフ紹介 The movie

スタッフ紹介動画ギャラリー

Coming soon

診療技術紹介 The movie

診療技術紹介動画ギャラリー

Coming soon

臨床研修施設紹介 The movie

臨床研修施設紹介紹介動画ギャラリー

研修医説明会2016

医療法人添田歯科医院のインプラント治療

7000症例以上の手術結果が証明するインプラント治療

1歯欠損から全歯欠損まで全ての症例において、失った歯以上の機能性と審美性を回復します。難症例においても、骨再生術や特殊な技術を併用して、確実なインプラント治療を行います。

インプラント治療とは

失った歯の機能を人工歯根(インプラント)によって回復する治療法です。

インプラント治療の流れ

インプラント体を埋入します。
術後1週で、抜糸します。

術後10週で、ヒーリングキャップを装着し、歯肉を圧排します。

術後11週で、アバットメント(支柱)を装着します。

術後12週で、上部構造(人工歯)を装着し、治療が完了します。

医療法人添田歯科医院の症例

1)1歯欠損症例

小臼歯のインプラント治療(矢印)です。

2)多数歯欠損症例1(組織再生術併用例)

組織再生術を併用したインプラント治療(矢印)です。

3)多数歯欠損症例2(人工歯肉併用例)

人工歯肉を併用したインプラント治療(黒線)です。

4)無歯顎症例1(インプラントブリッジ)

インプラントと歯槽骨のインテグレーション(結合)の確実性が実証され、最少4本のインプラントで12歯の機能回復が可能となりました。

全歯欠損と歯槽骨吸収により、口唇が陥没し、義歯が安定しません。

術後X線写真、上下顎に計10本のインプラントを埋入しました。

インプラントに人工歯を装着し、顔貌と口腔機能を回復しました。

5)無歯顎症例2(インプラント義歯)

患者様のご都合により多数のインプラント埋入が不可能な場合は、最少2本(片顎)のインプラントで可撤式の義歯を支えることができます。

全歯欠損と歯槽骨吸収により、口唇が陥没し、義歯が安定しません。

術後X線写真、下顎に2本のインプラントを埋入しました。

インプラントで義歯を支え、顔貌と口腔機能を回復しました。

インプラント治療の費用
インプラント埋入手術(1本分)
標準手術205,200
ソケットリフト16,200
リッジエキスパンディング32,400
サイナスリフト16,200
骨移植(顎骨β-TCPPRP)16,200
骨移植(腰骨、膝骨)756,000
インプラント上部構造(ジルコニア冠1歯)
ソリッドアバットメント140,400
特殊アバットメント151,200
マグフィットシステム140,400
インプラント術中に起こりうる偶発症

1)術中の急変

手術中にインプラント治療と因果関係なく持病が急性化することがあります。

医療法人添田歯科医院は、全職員がアルゴリズムに基づくシミュレーショントレーニングを定期的に行い、歯科医師はACLS資格、その他の職員はBLS資格を保持し、麻酔が必要な患者様には生体情報モニタリングを行い、救命救急機器を完備することで、治療中の患者様の急変に対処することができます。

2)下歯槽管損傷

下顎臼歯部のインプラント手術によって、下歯槽管を損傷し口唇部を麻痺させることがあります。

医療法人添田歯科医院は、CTにより下歯槽管の走行を3次元的に把握した上で、術部に限局した高精度の浸潤麻酔によって下歯槽神経支配領域の知覚を残した状態で手術を行うため、下歯槽管を損傷しません。

3)舌動脈損傷

下顎臼歯部のインプラント手術によって、舌動脈を損傷することがあります。

医療法人添田歯科医院は、CTにより下顎骨の形態を3次元的に把握しインプラントの埋入角度を決定しているため、舌動脈を損傷しません。

4)上顎洞損傷

上顎臼歯部のインプラント手術によって、口腔内と上顎洞とを貫通させることがあります。

医療法人添田歯科医院は、CTにより上顎洞の形態を3次元的に把握した上で、ソケットリフトやサイナスリフトを併用したインプラント手術を行うため、上顎洞を損傷しません。

良くある質問
Q1痛くないですか?
A1術中および術後に痛みはありません。歯槽骨自体に知覚はないため、一般的な歯科用麻酔薬で無痛手術が可能です。
Q2腫れますか?
A2基本的には腫れません。腫れは付着歯肉を超えて切開剥離した場合に生じます。医療法人添田歯科医院のインプラント手術は、付着歯肉内の最小限の切開剥離だけで完結するため腫れません。ただし、骨移植等のために必要に応じて付着歯肉を超えて切開剥離をした場合は腫れます。その腫れのピークは術後3日までで1週以内に消失します。
Q3手術時間はどのくらいですか?
A31本につき10分程度です(他医院に比較し圧倒的に早いとお考えください)。
Q4歯周病でもインプラントをしても大丈夫ですか?
A4他歯の歯周病によってインプラントが影響を受けることはありません。歯周病は歯と歯槽骨をつなぐ歯根膜の炎症であり、インプラントと歯槽骨との間には歯根膜が介在していないためです。
Q5心疾患を持っていますがインプラントをしても大丈夫ですか?
A5常用薬を服用した状態であればインプラント手術は基本的には可能です。内科的データを拝見した上で判断しご説明申し上げます。
Q6ビスホスホネート(BP)製剤(骨粗鬆症に対する薬)を服用していますがインプラントをしても大丈夫ですか?
A6各種ガイドラインにおいて、BP系製剤の経口投与が3年未満でリスク因子がない場合は、歯科治療を行っても良いとされています。医療法人添田歯科医院においても、インフォームドコンセントの上に成立した患者様の希望に基づき、BP系製剤を服用されている患者様へインプラント治療を行い、良好な予後を確認しております。しかしながら、インプラント治療は、齲蝕や歯周病の治療の様な「疾患の治療」ではなく、失った歯の機能を回復する「リハビリテーション」であり、リスクを負って止むを得ずする必要性がある治療ではありません。医療法人添田歯科医院は、最新かつ正確な情報分析と、インフォームドコンセントの上に成り立つ患者様の希望との両者から、正しい判断を行います。
Q7糖尿病を持っていますがインプラントをしても大丈夫ですか?
A7内科で血糖値を、歯科で口腔衛生状態をコントロールしていれば、問題はありません。
Q8年齢制限はありますか?
A8顎の成長が止まる18歳程度以降であれば制限はありません。
Q9耐用年数を教えてください。
A9インプラント体と歯槽骨とのインテグレーション(結合)は、全身疾患の影響を受けない限り半永久的です。上部構造(インプラントに取り付ける人工歯)は、一般的な補綴物と同様です(医療法人添田歯科医院が保証する期間は5年です)。
Q10金属アレルギーを持っていますがインプラントをしても大丈夫ですか?
A10大丈夫です。医療法人添田歯科医院が使用するインプラント体は純チタン製です。人類におけるチタンアレルギーの報告は一例もありません。
Q11インプラント後にMRI撮影をして大丈夫ですか?
A11補綴物(一般のかぶせもの)と同等の体積の金属ですから、問題はありませんが、技師にインプラント治療を受けたことを申告してください。磁性アタッチメントが付与された義歯は外して撮影してください。
Q12使用しているインプラントのメーカーを教えてください。
A12医療法人添田歯科医院は、ストローマン社製のインプラント体を使用しています。ストローマン社はスイスのバーゼルを本拠地とするインプラント学のグローバルリーダーメーカーです。ストローマン社製のインプラントは、スイスの精密な技術と徹底した品質管理のもとで製品は製造され、世界で1,000万本以上の使用実績があります。世界で最も高級で信頼されるインプラントメーカーとお考えください。
Q13医療法人添田歯科医院のインプラントの実績を教えてください。
A132015年7月現在、約7000症例(年間約400症例)です。日本で最も症例数が多い東京医科歯科大学歯学部付属病院インプラント科、約30名の歯科医師の合算で年間約600症例ですから、圧倒的に多いとお考えください。

組織再生術の詳細

インプラント治療の詳細

医療法人添田歯科医院の矯正歯科治療

コンピュータシミュレーションと見えない装置による矯正治療

1 矯正治療の原理

歯は、矯正装置によって適正な力をかけると、周囲骨の吸収と添加を伴いながら移動します。

2 医療法人添田歯科医院の治療レベル

一般的な矯正歯科治療には、「完成歯列を患者様に明示せずに治療を開始すること」、「歯並びを気にされている方へ、それがもっと気になるような矯正装置を着けること」の大きな問題があります。

医療法人添田歯科医院は、「完成歯列をコンピュータシミュレーションによって明示」した上で、「取り外し可能な透明の装置」を用いて、骨格と調和した歯列をつくることで美しいフェイスラインを形成・維持します。

3 医療法人添田歯科医院の矯正症例

1)インビザライン(取り外しができる透明の装置)

術前

歯列をデジタル化し、

骨格と調和した歯列をシミュレートし、

透明のマウスピースを用いて歯を移動し、

シミュレーションと同様の歯列が完成しました。

2)唇側弧線装置(一般的な装置)

術前

矯正装置を装着し、

歯列が完成したら、

装置を除去します。

*舌側弧線装置(歯の裏側に着ける装置)による矯正治療も可能です。

4 矯正歯科治療の費用

インビザライン
全顎(治療期間7か月以上)1,080,000円
全顎(治療期間7か月未満)540,000円
一部(片顎の連続6歯まで)540,000円
唇側弧線装置
全顎(治療期間7か月以上)756,000円
全顎(治療期間7か月未満)432,000円
一部(片顎の連続6歯まで)108,000円
舌側弧線装置
全顎(治療期間7か月以上)1,296,000円
全顎(治療期間7か月未満)702,000円
一部(片顎の連続6歯まで)216,000円
補助装置
TAD(1本)21,600円
ディスタライザー(1装置)54,000円
顎外固定装置(1装置)54,000円
装置破損紛失時の再製再装着
リテーナー(1装置)10,800円
ブラケット(1個)2,160円
ワイヤー(1本)2,160円
その他
便宜抜歯(1歯)5,400円
便宜抜歯時の服用薬3,240円

矯正歯科治療の詳細

医療法人添田歯科医院の審美歯科治療

顔貌と調和する審美歯科治療

骨格と調和した歯列および肌色と調和した歯色をつくることで機能美を具現化します。

左の全ての症例では、レジン充填、補綴、矯正、インプラント、ホワイトニングを行いましたが、治療をした歯としていない歯との見分けはつきません。

医療法人添田歯科医院は、全ての歯科治療において審美性を重視しています。

審美歯科治療の費用

審美歯科治療の詳細

医療法人添田歯科医院の齲蝕(虫歯)治療

歯科医師の能力を示す齲蝕治療、「完全な齲蝕治療」とは

齲蝕治療であるレジン充填は、最も一般的な歯科治療ですが、「完全なレジン充填」を行うには極めて高度な技術が必要で、歯科医師の能力の差を顕著に現します。

術前、視診において、不良修復物に起因する齲蝕(虫歯)が認められ、

X線写真において、不良修復物の下に齲蝕を確認しました。

不良修復物を除去し、

齲蝕検知液を用いて、感染歯質を完全に除去し、

口腔内の湿度をコントロールしながら、レジンを充填し、

解剖学的形態と機能を回復しました。

レジン充填の費用

レジン充填の詳細

医療法人添田歯科医院の歯周病治療

病態の本質にアプローチする歯周病治療

歯磨きと歯石除去だけで歯周病を抑制できるという考え方は非科学的です。歯周病治療の基本は、歯周病菌が停滞しない口腔環境をつくること、すなわち、歯と歯周組織へ加わる力学的ストレスをコントロールすることです。

力学的ストレスを減じて細菌が停滞しない口腔環境をつくり、

高精度のオフィスケアにより、細菌学的アプローチを行い、

合理的なセルフケアより、良好な口腔環境を維持管理します。

歯周病治療の費用

歯周病治療の詳細

医療法人添田歯科医院の口腔外科治療

組織を侵襲しない口腔外科治療

術中から術後まで、患者様の生命の安全を確保し、痛みや腫れを生じさせることなく、口腔外科手術を完結します。

医療法人添田歯科医院の下顎水平埋伏智歯(下顎の歯槽骨に埋まった親不知)の抜歯症例です。

術前、智歯は見えません。

X線写真において、智歯は水平埋伏し、下歯槽管と接触しています。

CT情報より、下歯槽管との3次元的位置関係を把握し、

ボリュームレンダリングし、

シミュレーションモデルを作成し、診断し治療計画を立案します。

麻酔は、偶発症を防ぐ為に奏功範囲を限局し、

手術は、痛みや腫れを生じないよう組織への侵襲を最小限とし、

智歯を抜歯し、

安全かつ高精度な口腔外科処置を完結します。

口腔外科治療の費用

口腔外科治療の詳細

医療法人添田歯科医院の予防歯科治療

病態の本質にアプローチする予防歯科治療

歯磨き等の細菌学的アプローチだけで口腔疾患を予防できるという考え方は非科学的です。予防管理の基本は、細菌が停滞しない口腔環境をつくること、すなわち、歯と歯周組織へ加わる力学的ストレスをコントロールすることです。

力学的ストレスを減じて細菌が停滞しない口腔環境をつくり、

高精度のオフィスケアにより、細菌学的アプローチを行い、

合理的なセルフケアより、良好な口腔環境を維持管理します。

予防歯科治療の費用

予防歯科治療の詳細

診療情報 施設情報 診療技術 お問い合わせ 採用情報 臨床研修情報 法人情報 ブログ

神奈川県伊勢原市の総合歯科医院(歯医者)、医療法人添田歯科医院です。インプラント、矯正、見えない矯正(インビザライン)、審美歯科(ジルコニア、セラミック、セレック)、予防歯科、歯周病治療、口腔外科、小児歯科、保険診療、等、歯科に関わる全科の診療をすることを特徴とします。特にインプラントと見えない矯正(インビザライン)においては、伊勢原市をはじめ、周辺地域(厚木市、平塚市、秦野市、藤沢市、小田原市など)からも多くの紹介患者様がご来院されています。地上4階地下2階建の対災害性に富む強靭かつ衛生な施設で、安全、最高、最新の医療をご提供します。